シミの種類

しみの種類

しみの種類

「しみ」と一言でいっても実は、いくつかの種類があり、それぞれに、原因が少しずつ異なります。一般的な紫外線が大きく影響している、いわゆる「しみ」と呼んでいるのは、

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん) のことです。


◆ 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
老人性色素斑は、一般的に「しみ」と呼ばれている症状で、
紫外線が原因となってできます。

若い頃から日焼けをしてきた人に多くできます。老人性色素斑は、ほおや、はななど、紫外線が当たりやすい部分がとくにめだってできます。

老人性色素斑を防ぐには、UVカットの化粧品、とくにUVAをカットするPA+の化粧品を使えば防げます。

できてしまった老人性色素斑は、ナノレベル美白成分か、ハイドロキノンまたはトレチノインで消すことができます。肌へのダメージが少ないナノレベル美白成分ハイドロキノンを試してみるがよいでしょう。

※ 注意 トレチノインは、あつかいがとても難しいので、利用は医師の指導のもとにおこなう必要があります。


◆ 花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)
1~2mmくらいの小さな花弁状の斑点で、ほお、肩、背中にできることが多い「しみ」です。老人性色素斑と同様に、ナノレベル美白成分か、ハイドロキノンまたはトレチノインで消すことができます。


◆ 雀卵斑(じゃくらんはん)
そばかすのことです。小さな斑点が鼻を中心に散らばったような感じで出ることが多いです。また、かお全体に出る人もいます。紫外線の影響によってできるものではないの、「しみ」とは若干ことなります。


◆ 肝斑(かんぱん)
30~40歳代によくできます。肝斑の大きな特徴は、左右対称にほぼ同じ形、同じ大きさで現れることです。とくに、ほほに現れ、比較的ひろい範囲に、肝斑とはっきり輪郭がわかりにくいかたちで、もやっと現れます。眼の周囲にはできません。

肝斑ができるのは、50歳代後半までが多いようです。閉経とともに薄くなったり、消えたりします。はっきりとした原因は解明されていませんが、肝斑は女性ホルモンと大きく関係していると言われています。
肝斑には、特に、トラネキサム酸 の服用が効果的です。

超おすすめ! 実際に使って効果を実感した美白化粧品 (トライアルセット)

アスタリフトホワイト
FUJI FILM アスタリフトホワイト
FUJI FILM が 他の美白成分とまったく異なるレベルの、革新的な美白機能を実現し、商品化したのがアスタリフトホワイトです。

アスタリフトホワイトはメラニンに有効な美白成分AMAを、ナノ(1ミリの1/1000000 百万分の一)の単位まで小さくした ナノAMAを使って、基底層のメラニンに直接アプローチします。

ナノレベルの美白成分が配合された美白化粧品は、現在、 アスタリフトホワイト だけです。
imp