シミ 化粧品

しみの美白化粧品・治療薬の成分

しみの薬は、服用するものと塗るものがあります。しみを効果的に無くすには、内からも外からも治療を行うことが大事です。しみに効く薬は、薬局でも購入することもできますし、皮膚科で処方してもらうのも良いでしょう。

紫外線対策と並行して使用すると効果が上がります。ただし、しみの薬を薬局で購入する時は、配合されている成分をよく調べてからが良いと思います。下記が一般的にしみに効くとされている成分ですので参考にしてください。

とはいえ、私は、結局、トレチノインハイドロキノンナノAMA 以外は、効かないって感じでした・・・

しみの美白化粧品・治療薬の成分

しみの美白化粧品の成分 ハイドロキノン

ハイドロキノン

ハイドロキノンだけでも最高レベルのしみ治療薬ですが、トレチノインと併用すると効果は全シミ治療薬中、最高です。

ハイドロキノンは、メラノサイト・メラニンの生成の素であるチロシナーゼに直接作用して、しみの原因であるメラニンの生成を抑え、減少させます

美白効果は、ビタミンC、コウジ酸、アルブチンの100倍以上の効果があると言われているとても強力な美白剤(漂白作用)です。

米国では、2%未満 のハイドロキノンを含む治療薬・化粧品は市販されており、2%以上のハイドロキノンを含む治療薬は医師の管理下で処方されます
(2%以上のハイドロキノンは、アメリカ食品医薬品局(FDA)のガイドラインで市販できません)。

日本ではハイドロキノンの配合率が、2%以上の化粧品・治療薬が市販されていますが、アメリカでは食品医薬品局(FDA)が規制しているという点で、ハイドロキノンは、2%未満 のものを、十分な期間使用し、それでも効かない場合に、2%以上のハイドロキノンを使うのが安全だと思います。

b.gren ビーグレン ハイドロキノン

ほんとうにしみは消えます。

ハイドロキノンの配合量によっては肌荒れやかぶれを起こす人もいるので、初めは配合量の少ない化粧品を使用するのがよいと思います。

1ヶ月くらいでシミが徐々に薄くなって、3ヶ月目ごろには、わらないくらい消えてしまいます。

b.gren ビーグレン 1.9% トライアルセット 1890円
ハイドロキノン1.9%配合。





アンプルール
2.5% 配合
アンプルール
公式サイト
プラチナVC
2.5% 配合
プラチナVC
公式サイト
透肌美活
4% 配合
透肌美活
公式サイト


しみの美白化粧品の成分 トレチノイン

トレチノイン

最強のしみ治療薬です。トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものであります。

このトレチノイン(レチノイン酸)は、誰でも血液中にごく微量流れているものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません。

トレチノイン(レチノイン酸)は米国ではしわ・にきびの治療医薬品として、FDAに認可されており、非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。日本では認可されておりませんので、一般的には米国の製品を使用することがおおいようです。
詳しくはこちら → トレチノインとは ・ ・ ・


しみの美白化粧品の成分 アルブチン

アルブチン
アルブチン (arbutin) はコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体です。メラニン合成に関わるチロシナーゼに直接作用し、メラニンの合成を阻害するため、医薬部外品(化粧品)としては、美白を実現する、数少ない成分の1つです。

アルブチンの効果は、私の肌にはありました。しみが確かに薄くなるというか、肌本来の色に近づく感じと、肌のキメがこまやかになるような効果がありました。もちろん個人差はあると思います。


しみの美白化粧品の成分 Lシステイン

Lシステイン

抗酸化作用でメラニンの生成を抑え、できてしまったメラニンを減らす効果があります。過剰に摂取すると逆に活性酸素が発生する場合もあります。

活性酸素は従来の定説では、体の老化を促進させるとされていましたが、現在の研究の結果は、活性酸素は老化に関与していないとする研究結果が発表されています。

ぶっちゃけ、L-システインは、しみの治療にどの程度有効性があるかというと、私の肌では、あまり効果はありませんでした。やっぱり1位 トレチノイン、2位 ハイドロキノンで、それ以外はちょっと期待したほどの効果はなかったわという感じです。


トラネキサム酸

一般的には止血剤です。抗出血作用があります。美白作用があるので、美白化粧品に配合されている事が多いです。有名な商品では、資生堂のHAKU(白)ですね。当然しみにも効きます。

直接的な使い方としては、飲み薬があります。トランシーノ(第一三共ヘルスケア)ですね。これは、トラネキサム酸の錠剤です。しみと肝斑に効果があります。

っていっても私は飲み薬としての、予防や治療に抵抗が若干あるので、使った事がありませんが、口コミを見るかぎり良い効果があるようですね。あくまで、第三者の口コミですので、正直わかりません。。。


エラグ酸

ナゾナゾな美白成分です。結構きょうみシンシンなのですが、ちょっと縁なくまだ未使用。。。っていうか、高いのです。エラグ酸の化粧品。でも、天然由来の有機化合物としては、最強の美白成分って、ウワサ。おなじマンションに住んでる、ママともの中でね。


コウジ酸

メラニンの生成に関わる酵素(チロシナーゼ)の働きを抑え、メラニンの生成を抑えます。また、メラニンによって出来てしまったしみを白くします。酒蔵で働く人の手が白くて綺麗だというのは昔から言われている事で、常に麹(コウジ)に触れているからだと言われています。

で、効果ですが、うぅ~ん、すぐに効果がでるものではないように感じました。2週間使いましたが(短い・・・)、まったく、効果はありませんでした。お肌が荒れたとか、綺麗になったとかいうことでいえば、変化なしです。つまり、すくなくと悪い成分ではないということですね。

使いつづけないと意味がないのかもしれないですね。


ビタミンC

メラニンの発生を抑え色素を薄くする働きがありますが、ハイドロキノンと比較すると、効果は1/100以下です。あんまり期待しないでね。


ビタミンE

肌の新陳代謝を活発にし、肌からメラニン色素が排出するのを促進し、炎症や活性酸素から肌を守ります。

しみには様々な種類やその原因があります。自己判断でやみくもに薬を使用すると、かえってしみが増えたり濃くなってしまうこともあります。

しみの正しい治療法は、しみの原因を知り、その原因に合った治療法を見つけることです。

子宮や内臓に原因がある場合も考えられますので、それが原因でならば子宮や内臓が治らなければ、しみも消えることはありません。自分のしみの種類や原因が解らない人はクリニックで一度診察してもらいましょう。そして、自分のしみに合った薬を使うようにしましょう。


ロドデノール

カネボウ化粧品が独自に開発した、医薬部外品有効成分。正式名称 4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール。メラニンの生成を抑制する効果があるとされています。

カネボウ化粧品では、白斑の症状が確認されたため、ロドデノールを使用した化粧品54製品を自主回収することになりました。白斑の症状の原因は不明だそうです。メラノサイトが破壊されることが原因と言われています。


ナノ美白成分

美白化粧品、とくにシミに効果があるとCMなどで宣伝している化粧品はたくさんあります。しかし、本当にシミが薄くなった、しみが消えたという実感があったことはありますか?

実は無い人がほとんどじゃないでしょうか?

そうだと思います。肌の一番深い部分、基底層にあるメラノサイトを消滅させるほど、漂白効果の高い成分は、そもそも医薬品や、医薬品ではない強力な漂白剤がほとんどです。

たとえば、これを使えば確実にシミも消えるし、絶対美白される物質がモノベゾン。マイケルジャクソンが使っていたと言われています。

モノベゾンで肌を漂白すれば、すごく白い肌になりますが、同時にメラノサイトもほとんど死滅してしまい、結果として直射日光を浴びると、肌が腫れ上がります。

また、モノベゾンを使用してメラノサイトを破壊した肌を、元に戻すこともできません。 では、そんな危険な物質ではなく、もっと安全でポピュラーな美白物質はないのか?というと、あります。

ハイドロきノン、トレチノインと、美白に有効な成分をナノ化した美白成分の3種類です。

ナノ化された美白成分を配合し、シミに効果の高い美白化粧品は、2つあります。

特にナノ化に最初に成功したアスタリフトホワイトは、ハイドロキノンと同等か、それ以上の効果があるように感じます。

また、ハイドロキノンは使用中は肌にダメージが多少ありますが、アスタリフトホワイトにはそれがなく、シミだけではなく、くすんだ肌に透明感が出たように感じます。

アスタリフトホワイト は、ナノ(1ミリの1/1000000 百万分の一)の単位まで小さくした ナノAMAを使って、基底層のメラニンに直接アプローチします。

アスタリフトホワイトを使っています。アスタリフトホワイトの使用感、詳しい説明!

超おすすめ! 実際に使って効果を実感した美白化粧品 (トライアルセット)

アスタリフトホワイト
FUJI FILM アスタリフトホワイト
FUJI FILM が 他の美白成分とまったく異なるレベルの、革新的な美白機能を実現し、商品化したのがアスタリフトホワイトです。

アスタリフトホワイトはメラニンに有効な美白成分AMAを、ナノ(1ミリの1/1000000 百万分の一)の単位まで小さくした ナノAMAを使って、基底層のメラニンに直接アプローチします。

ナノレベルの美白成分が配合された美白化粧品は、現在、 アスタリフトホワイト だけです。
imp